気分転換の必要性について

毎日の仕事をこなしていると、ついマンネリ化して効率が落ちることがあります。日本人は働き者として世界に知られていますが、日本の労働生産性を欧米と比較すると、意外なことにあまり高くありません。特に、事務職にこの傾向が強いそうです。これを聞くと、こんなに残業ばかりの毎日なのに!と憤慨する人も多いかもしれません。しかし、この残業や休日出勤といった部分が、まさに日本の労働生産性を下げている要因になっているそうです。もともと体力や馬力のある欧米人は短時間に集中して仕事をする能力に長けています。労働生産性は、時間単位で計算されるので、だらだら仕事をする日本人と短期間に集中力を発揮する欧米人を比べると、その結果は明らかです。また、日本人は不必要な残業が多すぎるとも指摘されています。上司の顔色を窺いながらオフィスに残って仕事をしているふりをするという経験は多くのサラリーマンにあるでしょう。これは、実績主義で評価される欧米では全くナンセンスということになります。日本のサラリーマンのパフォーマンスを上げるには、モチベーションを上げることが必要だという指摘があります。その一つとして、休暇を積極的に取ることが推奨されています。働くだけでなく、しっかり休んで気分転換することも仕事にいい影響を及ぼすことが知られています。だったら、休みの際には思い切って遊び、楽しい思い出作りに励むことも効果的でしょう。楽しい思い出をたくさん作ることが出来れば、それを次の目標に仕事に励むと考える人が増えるはずです。やりたい事がない人もまずは外出してみましょう。人と触れ合うことでいろいろな経験ができますよ。気になるイベントに参加するのも良いでしょう。こういう気分転換が結果として、個々の仕事のパフォーマンス向上に大いに役立つのではないでしょうか。もし何もすることがなかった場合、出会いを求めてアルバイトを始めてみるのもいいですね。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.