思い出を自分の記憶に残す

誰でも、楽しい思い出があればそれをずっと大切に持っていたいと思うものでしょう。昔は写真や日記などがその楽しかった思い出を残しておく有効な手段だったといえるでしょう。写真を撮ってアルバムに貼り、コメントをつけることによって、大切に保存していたという人も多かったはずです。しかし、技術の進歩とともにその保存方法は多様化しました。まず、写真はデジタル化されデジカメが流行ることにより、簡単に大量の写真を撮ることができるようになったため、思い出を保存するコストが大幅に下がった点が大きな変化でしょう。それまでは、写真を撮っても写真屋さんで現像してもらう必要があったものが、タダでパソコン等で表示することが可能になったのです。また、ムービーの普及という変化も見逃せないはずです。わが子の成長を動画で撮影することが誰でもできるようになった点は画期的だったといえるでしょう。こういった技術変化によって思い出の残し方はずいぶん変化してきましたが、簡単に残せるようになった分、そのありがたみが減少したと感じる人もいるかもしれません。コストをかけずに簡単に撮影まではするが、その保存は大量のデジタルデータが貯まっていくだけで整理されてないという人もいるでしょう。そう考えると、楽しい思い出の最高の保存方法は、自分の記憶の中に保存することなのかもしれません。デジタルデータの保存は便利ですが、自分の記憶というものの大切さも見直してみるといいかもしれません。

コメントを残す

Your email will not be published. Name and Email fields are required.